車買取
軽自動車を高く売るにはコチラから!


自動車税の課税前に車を売りたい!

軽自動車 買取り

軽自動車税が掛かる前に!

軽自動車に限らず車を売るなら自動車税が課税される前に売りましょう。例えば、3月に車を売ろうかな…と思ったならば大急ぎで売りましょう。
何故なら、自動車税(軽自動車税)は、毎年4月1日時点の所有者に対して課税されますので、車を売るつもりなら3月中に売るようにしましょう。特に軽自動車の場合は年間課税になり月割額はありませんので気を付けましょう。

車を売る場合の自動車税に関する注意点!

車を売る場合の自動車税に関する注意点!

1.3月中に車を売ったとしても・・・

軽自動車税を含めた自動車税が掛かってくる4月1日前の3月中に車を売ったのに、売却した車の自動車税の納付書が送付されて来たということがよくあるそうです。車を売った側からすればあってはならないことなのですがよくあるケースらしいのです。車を買い取った車買取店が名義変更や抹消登録をしてなかったことが原因になります。これは車買取店のミスと言いたいところですが、売買契約があった訳ですので自動車税に関しての事柄の確認が必要です。しかし、3月に買取りした車の新年度分自動車税を前の所有者に負担させるということは常識的にありませんので車買取店に確認をしましょう。ほとんどの場合、その車買取店が自動車税を納付するはずです。

2.3月中に車を売らなければ自動車税の支払い損をする?

車を売るなら新年度の自動車税が課税されない3月中に売った方が良いことは承知していても、事情があって4月以降に売ることになった場合は自動車税の支払い損となるのでしょうか?
実は自動車税は月割計算で翌年の3月までの自動車税を還付してもらうことが可能です。なので、4月1日を過ぎて車を売った場合には、自動車税の課税はされますが売った月の翌月から翌年の3月までの税金分を月割計算して還付してもらうことが出来ます。ですから、自動車税の1年分をまるまる支払い損ということにはなりません。ただし、軽自動車の場合は年間課税ですので、月割による軽自動車税の還付は受けられません。

このページの先頭へ

取引通貨単位